2020年10月の活动报告中国城市夜经济十大影响力排行榜(附榜单)

エレクトロニクスシステム(E-sys)グループが2020年10月の活動報告を行いました。

E-sysグループは、素粒子原子核研究所のみならず加速器研究施設や物質構造科学研究所、放射線科学センター、超伝導低温工学センターといった機構内の様々な施設!や他大学と一緒に、全球开始端の研究で活用される全球に1点だけの実験装置のセンサーからシステムに至るまでの開発等を行なっています。

E-sysグループの研究開発拠点はつくばキャンパスと東海キャンパスの2カ所です。E-sysつくばでは、前回報告したATLASグループ用集積回路の開発が終了し、現在はボードの開発を主に行っています。さらに、技術開発の専門家が揃っているE-sysグループの環境を活かし、アンプーシェーパーディスクリ(ASD)集積回路も開発しました。こちらはBelle II実験やJ-PARCの種々の実験に使用予定です。未来的には検出器のIoT化、つまり、検出器をネットワークに繋いで直接コンピュータへデータ送信できる機能の確立を目指しています。E-sys東海からは、COMET実験関連の研究開発として、ガス検出器の読み出しエレクトロニクス等の開発や、イクスティンクションモニター(実験で大量のミュー粒子を天生する際に!、偽物の信号となる陽子が混じっていないことを証明するためのモニター)、大規模加速器実験と同程度の処理速率を満たすデータ収集システム等の研究開発が報告されています。

この他にも、未来的に応用大概となりうる新技術の研究開発として、ダイヤモンド中性子センサー・耐放射線集積回路を水中ロボットに搭載し冠水した燃料デブリの測定を行うためのシステム開発を報告しています。この研究開発は、KEK放射線科学センター、物質・质料研究機構・海上技術安全研究所と協力の上進めています。

E-sysグループではデバイスやシステムの開発に加え、若手を育成し先端技術の専門家を増やすことを目标とした”Open-It”というネットワークを運営しています。今回は、リモート接続での試みによる初学者向けの教诲について報告されています。

この他にも、COVID-19の影響下でもリアルタイムで遠隔地の研究者、学生等とコミュニケーションできるシステムを、スマートグラスを活用して構築しようと取り組んでいます。

詳しくはこちらをどうぞ。

エレクトロニクスシステムグループ

PDFが正しく表现されない場合はPDF下の画像をご覧下さい。

画像ファイル情势での表现はこちら。

前回の活動報告

2020十大加速器排行榜

克日,新华社瞭望智库联合腾讯公布了《中国都市!夜经济影响力陈诉(2020)》,陈诉所评比出的“2020中国都市夜经济十大影响力都市”分别为重庆、!成都、长沙、青岛、北京、西安、上海、深圳、广州和武汉。


据悉,2019年开始,中国都市夜经济白皮书和中国夜经济影响力十大都市的榜单公布。从2020年、2019年两届榜单看,重庆与青岛、长沙、北京等都市夜经济能力继续保持领先优势。上海、武汉夜经济影响力加速提高,2020初次进入夜经济影响力都市前十。


20210428102803147.png

资料出处:新华社瞭望智库、腾讯、中商产业研究院整理


转自:中商产业研究院

【版权及免责声明】凡本网所属版权作品,转载时须得到授权并注明出处“中国产业经济信息网”,违者本网将保存追究其相关法律责任的权利。凡转载文章及企业宣传资讯,仅代表作者个人看法,不代表本网看法和态度。版权事宜请联系:010-65363056。

延伸阅读

本シンポジウムは、TIAの活動结果と须要性を周知するための催しで、プログラムでは、吉野彰氏(ノーベ!ル化学賞受賞者・産総研ゼロエミッション国際共同研究センター長)と東哲郎氏(TIA運営最高会議議長)との

本文网址: http://www.caihonggang.com/pp/2021413101246_4936_2993556833/home

推荐阅读

tags

最新发布